アレルギーセンター概要

業務内容

アレルギー性鼻炎、気管支喘息など、何らかのアレルギー疾患を持つ患者さんは非常に多く、また、1人の患者さんが複数のアレルギー疾患を患っていることも少なくありません。一方で、アレルギー疾患の管理が必ずしも適切に行われていない場合もあるかもしれません。当センターでは、多岐にわたるアレルギー疾患を高い診療レベルで総合的に管理・治療することを目的に設立されました。また、当センターは大学に設置されることから、山梨県における総合アレルギー科医の育成の任務、さらにはアレルギー学の発展も担っております。

【概念図】

アレルギーセンター概念図

対象疾患

…など

アレルゲン免疫療法

日本では現在、スギとダニが原因のアレルギー性鼻炎に対して、その自然経過を変化させ、症状を軽減させると共に、将来的に新しいアレルギー疾患への進展を予防することが可能な、免疫療法が受けられます。この免疫療法には皮下に注射する方法と、舌下に錠剤あるいは液体を投与する方法があります。ご希望の方は、近くの医療機関にご相談ください。ご希望の方は、当院でアレルゲン免疫療法を開始しますので、紹介状をご持参の上、ご来院ください。治療が軌道にのってからは、紹介医と相談の上、お近くの医療機関で治療継続も可能です。

アレルギーQ&A よくある質問を見る
閉じる
アレルギーに関するキーワードを入力し
「検索」ボタンをクリックしてください。
Q&Aをもっと見る
花粉症・アレルギー性鼻炎 モニタリングアプリ「MASK-air」
ページの先頭へ戻る