疾患別メニュー

喉頭アレルギー アイコンマーク 喉頭アレルギー

喉頭アレルギーとは?

アレルギー反応が喉頭(のどの声を出す部分)の粘膜で起こることにより、のどの症状が現れることがあります。例として、スギ花粉症の時期にのどのかゆみなどが生じるのは、この喉頭アレルギーである可能性があります。長引く咳の原因の一つとして考えられています。

症状

乾いた咳、長引くのどの異常感(のどのかゆみ、イガイガ感、痰がからんだような感じ、チクチクした感じ)

原因

鼻や口から吸入されたアレルギーの原因物質が喉頭の粘膜に到達し、そこでアレルギー反応が起こることで症状が引き起こされます。原因物質としては、スギやヒノキといった季節性の花粉によるものや、ダニ、ほこり、カビ、犬猫などペットの毛・フケなどのアレルギー物質によるものがあります。

対処法

花粉症の治療に用いられている抗ヒスタミン薬が用いられます。

その他情報

長引く咳を引き起こす病気としては、慢性副鼻腔炎や胃食道逆流症、薬剤誘発性咳嗽、かぜ症候群後遷延性咳嗽、咳喘息などのほかに、のどや肺の悪性腫瘍、結核など見逃してはいけないものがありますので、気になる方はかかりつけ医に相談されることをお勧めします。

FAQ

Q&Aをもっと見る >

他の疾患についてもくわしく知る

アレルギーQ&A よくある質問を見る
閉じる
アレルギーに関するキーワードを入力し
「検索」ボタンをクリックしてください。
Q&Aをもっと見る
花粉症・アレルギー性鼻炎 モニタリングアプリ「MASK-air」
ページの先頭へ戻る