疾患別メニュー

アナフィラキシー アイコンマーク アナフィラキシー

アナフィラキシーとは?

アレルギーの原因物質などが体内に侵入することで、複数の臓器(呼吸器、皮膚、鼻、消化管、循環器、神経など)にアレルギー症状が引き起こされて、命の危険にもつながる過敏な反応のことを指します。さらに症状が進行して、血圧低下や意識障害を伴う場合をアナフィラキシーショックといいます。

症状

全身の発疹、皮膚のかゆみ、赤み、口やくちびるの腫れ、目の腫れ、鼻水、鼻づまり、喘息症状、呼吸困難、吐き気、下痢、だるさ、ひどくなると血圧低下や意識障害などに至ります。症状は急速に広がることが多いので、早急に治療をすることが重要です。

原因

食べ物(小麦、卵、牛乳、ピーナッツ、そば、魚卵、肉、野菜、果物など)、(鎮痛薬、抗ガン薬、麻酔薬など)、ゴム(ラテックス)製品、虫刺され(ハチ、アリ、ムカデ、など)、など、様々です。

対処法

まずは仰向けで安静にします。気分が悪ければ足を挙上する必要があります。アナフィラキシーと判断された場合には、ただちにエピペン®(アドレナリン自己注射)を大腿部外側に注射して、すぐに救急車を呼んでください。エピペン®は医療機関で処方してもらう必要があるので、強いアレルギー症状を起こしたことがある人は、あらかじめ医療機関を受診してエピペン®を処方してもらってください。その他、抗ヒスタミン薬、喘息症状があれば気管支拡張薬、ステロイドなどを使用することがあります。

その他情報

  • 食べ物では、それ自体を食べても症状がないけれども、原因となる食品を食べた後に運動(自転車、階段、サッカー、など)をするとアナフィラキシーが起こる事があります。これを食物依存性運動誘発アナフィラキシーと呼びます。
  • 花粉症の人が、果物などを食べると口や唇が腫れる病態を口腔アレルギー症候群と呼びますが、これもときにアナフィラキシーに繋がります。
  • アルコール摂取鎮痛剤の服用、月経、精神的ストレスなどがアナフィラキシー反応を増幅させることがあります。
  • アナフィラキシーを起こしたことがある人は、原因を避ける必要があります。一部の食べ物では、少量から食べて症状をおこりにくくする経口免疫療法が試されていますが、専門の医師の管理下で行う必要がありますし、現在のところ一般的な治療ではありません。

 

参考文献
アナフィラキシーガイドライン(一般社団法人日本アレルギー学会)

FAQ

Q&Aをもっと見る >

他の疾患についてもくわしく知る

アレルギーQ&A よくある質問を見る
閉じる
アレルギーに関するキーワードを入力し
「検索」ボタンをクリックしてください。
Q&Aをもっと見る
花粉症・アレルギー性鼻炎 モニタリングアプリ「MASK-air」
ページの先頭へ戻る