疾患別メニュー

アトピー咳嗽 アイコンマーク アトピー咳嗽

アトピー咳嗽とは?

中枢気道を炎症の主座とし、気道壁表層の咳受容体感受性の亢進(気道表層の感覚神経が過敏になっている状態)を起こす疾患です。

症状

咽喉頭の掻痒感(喉のイガイガ・ヒリヒリ)を伴う乾性咳嗽で深夜から早朝に症状が出ることが多いです。

原因

エアコン、受動喫煙、会話(電話)、運動、精神的緊張などが誘因と考えられています。

対処法

アトピー咳嗽は咳喘息と区別することが難しいです。しかしアトピー咳嗽では咳喘息と異なり気管支拡張薬が無効です。ヒスタミンH1受容体拮抗薬が有効と言われており、有効率は約60%程度です。その他吸入ステロイド、経口ステロイド療法(症状が強い場合)を患者さんの状態によって併用します。

FAQ

Q&Aをもっと見る >

他の疾患についてもくわしく知る

アレルギーQ&A よくある質問を見る
閉じる
アレルギーに関するキーワードを入力し
「検索」ボタンをクリックしてください。
Q&Aをもっと見る
花粉症・アレルギー性鼻炎 モニタリングアプリ「MASK-air」
ページの先頭へ戻る