疾患別メニュー

ラテックスアレルギー アイコンマーク ラテックスアレルギー

ラテックスアレルギーとは?

天然ゴムの成分であるラテックスに含まれるタンパク質に対するIgE抗体が産生されて生じるアレルギー反応です。天然ゴム製品に接する頻度の高い職業の人(医療関係、食品関係業、清掃業、製造業など)、医療処置を繰り返し実施している患者、アトピー性皮膚炎患者などは発症のリスクが高いハイリスクグループと言われます。ラテックスアレルギーの患者の中に、バナナ・クリ・アボカドなどの果物やその加工品を摂取後に、口腔刺激感や咽頭の閉塞感を示し、時に喘息様症状やじんましんなどの全身症状が出現する場合があります。これをラテックス・フルーツ症候群といいます。

症状

厳密な意味でのラテックスアレルギーは、天然ゴムの成分であるラテックスに含まれるタンパク質に対するIgE抗体が産生されて生じる即時型のアレルギー反応です。通常天然ゴム製品に暴露して数分程度の間に皮膚の掻痒感やじんましんなどの症状が出現します。重篤な症状の場合、鼻水やくしゃみ、眼の刺激感、喉のかゆみや喘息様の症状などの呼吸器症状を呈するようになります。最重症の症例では呼吸困難や血圧低下などのアナフィラキシーショックに発展します。ゴム製品への接触では、ラテックスアレルギーとは異なり、刺激性やアレルギー性の接触皮膚炎といい、接触部位に限局した皮膚炎を生じることもあります。

原因

天然ゴムラテックスに含まれるタンパク成分が、汗などにより溶出することでアレルギーを発症します。天然ゴムは医療用具、日用品に広く使用されていますが、日用品では使用の表示義務がないのでとくに注意が必要です。

対処法

ラテックスを含有する天然ゴム製品の使用を避け、ラテックスフリーの合成ゴム製品やプラスチック製品を使用するようにします。掻痒感やじんましん反応が接触部位に限局するものであれば、接触部位を流水で十分に洗浄し、抗ヒスタミン剤やステロイドの内服を行います。じんましんの全身への拡大や喘息様症状・胃腸症状などの全身症状を伴う場合には、速やかに医療機関を受診する必要があります。過去にアナフィラキシー症状の既往のある患者は、アドレナリン自己注射薬(エピペン®︎)を携行し、全身性反応が出現した場合、速やかに自己注射を行い、医療機関を受診してください。

FAQ

Q&Aをもっと見る >

他の疾患についてもくわしく知る

アレルギーQ&A よくある質問を見る
閉じる
アレルギーに関するキーワードを入力し
「検索」ボタンをクリックしてください。
Q&Aをもっと見る
花粉症・アレルギー性鼻炎 モニタリングアプリ「MASK-air」
ページの先頭へ戻る