疾患別メニュー

乳児湿疹 アイコンマーク 乳児湿疹

乳児湿疹とは?

生後1~2週間ごろから出来始める、赤いポツポツとした皮疹を指しますが、ときに広がってつながり、皮膚全体が赤くなることもあります。ほほやおでこを中心として顔にできることが多いですが、体にできることもあります。かゆみは弱いこともありますが、時に強いかゆみを伴うこともあります。原因を特定することが難しく、原因が複合していることもあると言われています。

症状

生後3ヵ月ごろまでに出来る湿疹は、頭皮やおでこやほほなど皮脂の分泌が多い顔、また首や太もものつけ根など、皮膚がこすれやすい部分にも出来やすい皮疹です。痛みやかゆみは伴わないことが多いですが、患部がこすれたりして皮膚が傷つくとかゆみが出現することもあります。

原因

生後3ヵ月以降に出来る湿疹は乾燥が主な原因となると言われており、手足など外気にさらされる部分に出来やすい皮疹です。赤みはそれほど強くありませんが、汗やホコリなどの刺激により炎症を起こした状態なので、かゆみを伴います

対処法

「清潔」と「保湿」のケアが重要となります。赤ちゃんの顔を石鹸で洗うのは抵抗があるという方もいらっしゃると思いますが、赤ちゃん用の石鹸や低刺激性のものを使用し、皮疹の出来やすい部位や洗いにくい部位なども清潔にしましょう。石鹸で洗った後はしっかりと洗い流すことも重要です。また、保湿剤を塗ると悪くなるのではないか?と思われる御両親もいらっしゃいますが、お風呂上り後などの保湿も大切なケアです。湿疹が手足に出来ている場合には長袖や長ズボンなどで覆うなど出来るだけ掻かないようにする工夫も心がけてみて下さい。

乳児湿疹は、症状が軽度のうちにこのようなスキンケアをすれば治る事が殆どですが、それでも治らない時や湿疹がひどくなってしまったときは、皮膚科・小児科の受診をお勧めします。

その他情報

当院アレルギーセンターでは、近隣医療施設からのご紹介を受け付けております。これまでの治療の効果が乏しい方や根本的治療を希望される方は、かかりつけ医と当院アレルギーセンターの受診をご相談ください。(アレルギーセンター受診には、必ず近隣医療施設からの紹介状と予約取得が必要です。)

FAQ

Q&Aをもっと見る >

他の疾患についてもくわしく知る

アレルギーQ&A よくある質問を見る
閉じる
アレルギーに関するキーワードを入力し
「検索」ボタンをクリックしてください。
Q&Aをもっと見る
花粉症・アレルギー性鼻炎 モニタリングアプリ「MASK-air」
ページの先頭へ戻る